このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

Ken Yokoyama

Ken Yokoyama

BIOGRAPHY

Ken Yokoyama

Ken Band:
Minami(G)
Jun Gray(B)
Matchan(Dr)

 2004年より本格的にソロ活動を開始。現在までに5枚のフルアルバムと2枚のシングルをリリースしている。またKen Bandを結成しライブ活動も精力的に行い、数々のツアーやフェス参加を経て、’08年1月には自身初の日本武道館公演で1万人を超えるパンクキッズを動員。その後’10年東西アリーナー公演 DEAD AT BAY AREAで14000人を動員する。’11年はWe Are Fuckin’ One を掲げた活動に加え、Hi-STANDARDを電撃的に再始動させAIR JAMを’11年9月横浜、’12年9月東北で開催するなど、独自の復興支援活動を行っている。’13年11月には映画”横山健 -疾風勁草編-“が全国60を越える映画館で上映され、延べ3万人を動員。’14年5月には長年自身が続けて来た”横山健の別に危なくないコラム”が書籍化「横山健 随感随筆編」として発売された。15年に7月に2年半振りの新作シングル”I Won’t Turn Off My Radio”をリリース。地上波ミュージックステーションに初出演・生演奏を披露し、話題となる。同年9月6thアルバム”Sentimental Trash”をリリースし、そのレコ発ツアーファイナル公演に二度目の武道館公演となる”DEAD AT BUDOKAN RETURNS”の開催し、チケットは即日完売、大成功させる。またレーベル“PIZZA OF DEATH RECORDS”を主宰し、これまでにSLANG, MEANING, HAWAIIAN6, WANIMA, SNUFF等の国内外のバンドを数々リリースしてきた。ミュージシャンの枠組みを越え、発信・表現し続けるパンクロッカーである。

LINK

I Won’t Turn Off My Radio / Ken Yokoyama

SEE MORE >


PAGE TO TOP